Yabai T-Shirts Yasan - Galaxy of the Tank-top

ヤバイTシャツ屋さん (Yabai T-Shirts Yasan) – サークルバンドに光を 歌詞

Album: Galaxy of the Tank-top
Genres: Jpop
Release date: 2018/1/10
Language: Japanese

KANJI LYRICS

なあ、話にならない 話をしようや 恥ずかしげなく
もっと格好つけられたり出来たら ええのになあ
ずっとあの頃のままの気持ちが抜けんでいるんや

身内すら盛り上がっていない
ガラガラの客席 冷たい視線
レスポンスのない虚しい時間
共演者には馬鹿にされていた
何が誰が正しいとか 分からへんけど
悔しい思いは忘れへんようにしような

サークルバンドに光を サークルバンドに光を
鼻で笑われて 見向きもされんな
サークルバンドに光を 照らしておくれよ
もうやめられへんところまで来てしまいました

いつだって自分のペースで やりたいことだけやりたいって
わがままなことを言ったって だめやってわかってるけど
やっぱりまだやめられない 好きなように 好きなだけ 歌うだけ
難しい事は分からんし 分からんままのがおもろいし
楽しいことばっかりやのに 平凡に悩んでる
それでいい 今はそれでいい いつまでもネクストブレイクで

誰でも使える言葉を使って誰にも歌えん歌を歌う
ノリと勢いだけ そんなことないと 分かる人は分かってるはず
自分で自分を肯定してやっと保っている
不安になってもええけど最後は笑っていようや

サークルバンドに光を サークルバンドに光を
からかわれ笑われ 見向きもされんな
サークルバンドに光を 照らしておくれよ
もうやめようとも思わんところまで来ました

いつだって自分のことだけ 本当のことを曲にのせて
わがままなことを言ったって 駄目やってわかってるけど
やっぱりまだやめられない 好きなように 好きなだけ 歌うだけ
難しい事は分からんし 分からんままのがおもろいし
楽しいことばっかりやのに 平凡に悩んでる
それでいい 今はそれでいい いつまでもネクストブレイクで

階段飛ばしてるわけじゃない 最短のルートで突っ走れ
ステージ上では大学生のテンションで 行けるところまで
忘れたらあかん気持ちを忘れずに 大事にしまって 行けるとこまで

話にならない 話をしようや 恥ずかしげなく
格好つけず 自分ららしく 行こうや サークルバンドに光を

ROMAJI

Nā, hanashi ni nara nai hanashi o shiyo u ya hazukashige naku
motto kakkō tsukerare tari deki tara ee noni nā
zutto ano koro no mama no kimochi ga nuken de iru n ya

miuchi sura moriagatte i nai
garagara no kyakuseki tsumetai shisen
resuponsu no nai munashii jikan
kyōen sha ni wa baka ni sare te i ta
nani ga dare ga tadashii toka wakara hen kedo
kuyashii omoi wa wasure hen yō ni shiyo u na

sākuru bando ni hikari o sākuru bando ni hikari o
hana de waraware te mimukimosare n na
sākuru bando ni hikari o terashi te okureyo
mō yamerare hen tokoro made ki te shimai mashi ta

itsu datte jibun no pēsu de yari tai koto dake yari tai tte
wagamama na koto o ittatte dame yatte wakatteru kedo
yappari mada yamerare nai suki na yō ni suki na dake utau dake
muzukashii koto wa wakara n shi wakara n mama no ga omoroi shi
tanoshii koto bakkari ya noni heibon ni nayanderu
sore de ii ima wa sore de ii itsu made mo nekusutobureiku de

dare demo tsukaeru kotoba o tsukatte dare ni mo utaen uta o utau
nori to ikioi dake sonna koto nai to wakaru hito wa wakatteru hazu
jibun de jibun o kōtei shi te yatto tamotte iru
fuan ni natte mo ee kedo saigo wa waratte iyo u ya

sākuru bando ni hikari o sākuru bando ni hikari o
karakawarewaraware mimukimosare n na
sākuru bando ni hikari o terashi te okureyo
mō yameyo u to mo omowa n tokoro made ki mashi ta

itsu datte jibun no koto dake hontō no koto o kyoku ni nose te
wagamama na koto o ittatte dame yatte wakatteru kedo
yappari mada yamerare nai suki na yō ni suki na dake utau dake
muzukashii koto wa wakara n shi wakara n mama no ga omoroi shi
tanoshii koto bakkari ya noni heibon ni nayanderu
sore de ii ima wa sore de ii itsu made mo nekusutobureiku de

kaidan tobashiteru wake ja nai saitan no rūto de tsuppashire
sutēji jō de wa daigakusei no tenshon de ikeru tokoro made
wasure tara akan kimochi o wasure zu ni daiji ni shimatte ikeru toko made

hanashi ni nara nai hanashi o shiyo u ya hazukashige naku
kakkō tsuke zu jibun ra rashiku iko u ya sākuru bando ni hikari o