NGT48 - Where does the blue sky of the world end

ふるさとチーム(NGT48) – ぎこちない通学電車 歌詞

Single: 世界はどこまで青空なのか? (Where does the blue sky of the world end?)
Genres: Jpop
Release date: 2017/12/6
Language: Japanese

KANJI LYRICS

駅のプラットホーム 電車が近づく
運転席の窓がキラリ反射した
冬の重たい空気をかき分けて進むように
君と一緒に朝がやっ来たて

いつも同じ顔ぶれの乗客の中に
定位置の君を確認して
わざと少し離れ ため息ついた
僕はそれでもしあわせに思えた

だけど 目と目合っても
リアクション 困ってしまう
ふいに胸がキュンとして
目を逸らすしかない
心を見透かされる

なんてぎこちないんだろう
なんて不器用なんだろう
僕はドアにおでこをつけ
凄いスピードで過ぎる街を
ぼんやり眺めてた
なんてぎこちないんだろう
自分でも気づいているよ
そっと遠くから好きでいる
いつの日にか 卒業するまで
ぎこちない通学電車

ある日君が定位置にいない日があって
僕は心配をしてしまった
真っ暗なトンネル 入ったようで
この世界から輝きが消えたよ

腕にギブスしている
その姿 見た時に
居ても立ってもいられず
「どうしたんですか?」って
思わず 聞いたんだ

なんて大胆なんだろう
なんて勇気あったんだろう
君はもちろん驚いてた
だけど自転車で転んだこと
教えてくれたよね
なんて大胆なんだろう
僕だって想定外だ
名前知らぬまま好きでいた
振り返ってドキドキして来る
大胆な通学電車

なんてぎこちないんだろう
なんて不器用なんだろう
僕はドアにおでこをつけ
凄いスピードで過ぎる街を
ぼんやり眺めてた
なんてぎこちないんだろう
自分でも気づいているよ
そっと遠くから好きでいる
いつの日にか 卒業するまで
ぎこちない 通学電車

ROMAJI

Eki no purattohōmu densha ga chikazuku
unten seki no mado ga kirari hansha shi ta
fuyu no omotai kūki o kakiwake te susumu yō ni
kimi to issho ni asa ga yakki ta te

itsumo onaji kaobure no jōkyaku no naka ni
tei ichi no kimi o kakunin shi te
wazato sukoshi hanare tameiki tsui ta
boku wa soredemo shiawase ni omoe ta

dakedo mokuto me atte mo
riakushon komatte shimau
fui ni mune ga kyun toshite
me o sorasu shika nai
kokoro o misukasareru

nante gikochi nai n daro u
nante bukiyō na n daro u
boku wa doa ni odeko o tsuke
sugoi supīdo de sugiru machi o
bonyari nagamete ta
nante gikochi nai n daro u
jibun demo kizui te iru yo
sotto tōku kara suki de iru
itsu no hi ni ka sotsugyō suru made
gikochinai tsūgaku densha

aru hi kimi ga tei ichi ni i nai hi ga atte
boku wa shinpai o shi te shimatta
makkura na tonneru haitta yō de
kono sekai kara kagayaki ga kie ta yo

ude ni gibusu shi te iru
sono sugata mi ta toki ni
i te mo tatte mo irare zu
‘dō shi ta n desu ka?’ tte
omowazu kii ta n da

nante daitan na n daro u
nante yūki atta n daro u
kimi wa mochiron odoroite ta
dakedo jitensha de koron da koto
oshie te kure ta yo ne
nante daitan na n daro u
boku datte sōtei gai da
namae shira nu mama suki de i ta
furikaette dokidoki shi te kuru
daitan na tsūgaku densha

nante gikochi nai n daro u
nante bukiyō na n daro u
boku wa doa ni odeko o tsuke
sugoi supīdo de sugiru machi o
bonyari nagamete ta
nante gikochi nai n daro u
jibun demo kizui te iru yo
sotto tōku kara suki de iru
itsu no hi ni ka sotsugyō suru made
gikochinai tsūgaku densha