ゲスの極み乙女。 - 達磨林檎

勝手な青春劇 歌詞 by ゲスの極み乙女。 (Gesu no Kiwami Otome)

Album: 達磨林檎
Genres: JPOP
Release date: 2017/5/10
Language: Japanese

KANJI

駅前で恋して暮らしてた
過去形にしたい僕の走り書き
いつの間にか大人になって
汚い街に身体を売った
泳がした純粋な成功のモデルが
本当にどこかに消えてしまった
青い春を仰いだんだ

あれもこれもみんな
きっと作り話だって
とめどなく不思議と積もる
安心感

勝手な青春劇
愚痴を零して終わり
僕らの毒は僕らだけじゃないんだから大丈夫
勝手に青春劇
なんとなく楽しくて
終わりにはしない僕らだけの時間を

優越感を感じ取って
言いたい放題受け取って
何も言わずオトナになった
それが後にわかるから
後悔の会計のお釣りはチップで受け取って
違う形で返して
笑顔で突き返すから

囲う優しさのせいで
強くなれないこととか
嘆く間もなく伝う
大人とオトナの対感情
一人になれない僕が歌うよ

勝手な青春劇
愚痴を零して終わり
僕らの毒は僕らだけじゃないんだから大丈夫
勝手に青春劇
なんとなく楽しくて
終わりにはしない僕らだけの時間を

勝手な青春劇
一つが終わったら
また始まる
僕らだけの時間をもう一回
灯る眩い結果を抱きしめる
それが出来たらまた始めよう
青い春に惑わされそうな
他の誰かに歌ってます

ROMAJI

Ekimae de koishi te kurashite ta
kako gata ni shi tai boku no hashirigaki
itsunomanika otona ni natte
kitanai machi ni shintai o utta
oyogashi ta junsui na seikō no moderu ga
hontōni doko ka ni kie te shimatta
aoi haru o aoi da n da

are mo kore mo minna
kitto tsukuribanashi datte
tomedonaku fushigi to tsumoru
anshin kan

katte na seishun geki
guchi o koboshi te owari
bokura no doku wa bokura dake ja nai n da kara daijōbu
katte ni seishun geki
nantonaku tanoshiku te
owari ni wa shi nai bokura dake no jikan o

yūetsu kan o kanjitotte
ii tai hōdai uketotte
nani mo iwa zu otona ni natta
sore ga go ni wakaru kara
kōkai no kaikei no otsuri wa chippu de uketotte
chigau katachi de kaeshi te
egao de tsukikaesu kara

kakou yasashi sa no sei de
tsuyoku nare nai koto toka
nageku mamonaku tsutau
otona to otona no tai kanjō
ichi nin ni nare nai boku ga utau yo

katte na seishun geki
guchi o koboshi te owari
bokura no doku wa bokura dake ja nai n da kara daijōbu
katte ni seishun geki
nantonaku tanoshiku te
owari ni wa shi nai bokura dake no jikan o

katte na seishun geki
hitotsu ga owattara
mata hajimaru
bokura dake no jikan o mō ichi kai
tomoru mabayui kekka o dakishimeru
sore ga deki tara mata hajimeyo u
aoi haru ni madowasare sō na
ta no dareka ni utatte masu

VIDEO